2010年08月02日

JavaScript:リッチテキストエディタで行間を詰める

iframeをdesignmode=onしてリッチテキストエディタを作る場合、改行で<p>タグが挿入されるので行間が広く空いてしまう。行間を開けないようにするには、最初にiframeのbodyエレメントに<div><br></div>(IEは<div>&shy;</div>)を設定しておく。そうすると改行時に<div>タグが挿入されるようになり、行間が詰まるようになる。
但しIEは全選択→削除とすると<p>タグに戻るのが難点。回避方法がありそうな気はするが今のところ不明。
 
作成したリッチテキストエディタはこちら。文字をに装飾できるようにした。スゴい苦労したけど。(苦笑)


posted by 忘却の達人 at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | JavaScript | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。