2011年01月16日

RadPHP:SQLの発行

RadPHPでSQLを発行する場合、戻り値を返すSQLはQueryコンポーネントを使い、戻り値を返さないSQLはDatabaseコンポーネントのexecuteメソッドを使った方が楽。(戻り値を返さないSQLでQueryコンポーネントを使用する場合は、LimitStart&LimitCountプロパティをともに-1にする。)


posted by 忘却の達人 at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | RadPHP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。