2014年02月05日

vba:リボンの最小化

Office2010(2007以降?)で、リボンを最小化・元のサイズに戻す方法。
CommandBars.ExecuteMso "MinimizeRibbon"
このメソッドは最小化と元のサイズをトグルする。

最小化してるかどうかの判定。
CommandBars.GetPressedMso("MinimizeRibbon")
戻り値=True:最小化、False:元のサイズ

リボンを最小化・元のサイズに戻す関数
パラメータのMinimize=True:最小化、False:元のサイズ
Sub MinimizeRibbon(Optional Minimize As Boolean = True)
If Minimize Then
If Not CommandBars.GetPressedMso("MinimizeRibbon") Then
CommandBars.ExecuteMso "MinimizeRibbon"
End If
Else
If CommandBars.GetPressedMso("MinimizeRibbon") Then
CommandBars.ExecuteMso "MinimizeRibbon"
End If
End If
End Sub
posted by 忘却の達人 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | vba | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック