2014年06月07日

Access:リネームして最適化した方がファイルサイズが小さくなる

Access2010で40MBくらいのaccdbで確認した現象。

最適化した時のファイルサイズが段々と増えていってた。開発で常に手を入れてるので、オブジェクトは少しずつ増えていってるわけだけど、経験的にオブジェクトの増加量に比べ、ファイルサイズの増加量が大きすぎるなぁと不思議に思っていた。

ただある時に最適化後のサイズがそれまでより減って、私的にも納得のサイズになっててビックリ。それはテスト環境用にファイルをコピーしてリネームしてから最適化したやつだった。もしかしてと思って、元のファイルもリネームして最適化したら、同じくそれまでより小さくなった。

一応これで問題は解決したわけだけど、そもそもなんでファイル名が最適化に影響してるんだ?(苦笑)
posted by 忘却の達人 at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Access | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/398901497

この記事へのトラックバック